ENGLISH INFOMATION  ABOUT US LINK

 



この地球(ほし)に新たな時間(とき)はやって来るのか


ノアの箱舟 / 喜多郎 Kitaro SDCF-1027 \2,520(税込)

混沌とした世紀末を舞台とした壮大な音楽物語 Digital Remastering
 

 1.組曲「ノアの箱舟」PART 1
 2.組曲「ノアの箱舟」PART 2
 3.キャラバンサライ-Single Mix
 4.中国の詩
 5.炎の舞
 6.巡礼の夜
 7.MOON - STAR ムーン〜スター
 8.神秘なる砂の舞
 9.少年の夢
10.ノアの箱舟-Single Mix
11.キャラバン

<喜多郎・Kitaro>

'70年代にプログレッシヴ・ロック・バンドのファー・イースト・ファミリー・バンドに加わり、ヨーロッパで高い評価を受ける。サウンド・デザイン代表で音楽プロデューサー・南里氏と出会い、氏のプロデュースのもと、'80年にNHKドキュメンタリー特集「シルクロード」のテーマとサウンド・トラックを担当し一躍ポピュラーな存在となる。「シルクロード」はニューエイジ・ミュージックに金字塔を打ち立てた。サウンドデザインがアメリカ・ゲフィン・レコードと契約したことによって全米でアルバムを発表する。'88年にグラミー賞ニューエイジ部門にノミネートされる。以後7度のノミーネートを受け、2001年第43回グラミー賞ニューエイジ部門で最優秀賞を受賞した。長野とコロラド、人里離れた山の中で自然と暮らし、その心の音楽を宇宙的な規模へと今も広げ続けている
 

Produced by TAKA NANRI
Associate Produced by MOKO NANRI
Remix at Sound Design Studio (Tokyo)

KITARO plays
Korg Synthesizer/Roland Synthsizer/Prophet 5/Mini Moog/
12 Strings Guiter/Acoustic Guiter/Yamaha CP-80 Electric Piano/ Fender Rhodes/Emulator/Drums/Percussion/Sitar/Santool/Tambra/Harp
 

 喜多郎の音楽の特異性は、「シルクロード」をはじめとするサウンドトラックとしての機能から離れても、また別種の映像を喚起させるような力を持っている。和太鼓までを動員するからいうのではないが、極めて日本的であり、また、シタールまで動員するからインド的という訳ではない。敢えていうなら、汎アジア的であり、アジアと中東、ヨーロッパの境を超えていくユーラシア的なもの。受け取る側の想像力によってはロシア的でもあれば、アメリカ的でもあり、その不思議な、ボーダーレスな内包力は、今になっても変わらず、いつまでも色褪せない。

 ある意味で極めて合理的な楽器であるシンセサイザーを駆使し、反西欧的な深遠さが、現代に、新鮮に、たち還って来るのに、なんら不思議な点はないのだ。
 

 <HMV>
 


WESTWOOD RECORDS  Music Label & Production  westwoodrecords.net