ENGLISH INFOMATION  ABOUT US LINK

 



ICELAND / CYNIC GURU

SDCF-1047 \2,800(税込)
 

ファースト・シングルがいきなり母国アイスランドでNO.1を獲得
皮肉屋の伝道師が伝えるのは熱きロック魂だ!

 1.DYFWIWTYWLF
 2.CATASTROPHE
 3.DRUGS
 4.DEATH OF A GUITARIST
 5.DIGGING THE HOLES
 6.BALLISTIC
 7.ICE CREAM
 8.SCAB
 9.BELLY
10.TEXAS
11.YELLOW BAG
12.V.P.
13.DICK

2001年にRoland Hartwell (guitars, vocs, violin), Ricky Korn (bass), Einar Jóhannsson (lead guitar and backing vocs), Óli Hölm (drums), John Mono (backing vocs and keyboards) のメンバーで結成。2004年から約一年をかけてアルバムを制作。ファーストシングルがいきなりチャートの一位に躍り出る。現在、母国でツアー中。


cynic guru is:
roland hartwell – vocals, violins, violas, cellos, acoustic &electric guitars,
bass, mandolins, kazoos, samples, programming
ricky korn – electric bass, double bass
óli holm – drums
einar jóhannsson – lead and rhythm guitar
john mono – piano, synthesizer, trumpet

additional musician:
stefanus alfonfus maria van oosterhout – tambourine,
vibraphone, cowbell, congas, triangle

all music and lyrics composed by roland hartwell
string arrangements by roland hartwell
engineered by roland hartwell
assistant engineering on drums by mr. gear
mixed by þorvaldur bjarni þorvaldsson

produced by roland hartwell

all drum tracks recorded at smáraskóli in rooms
grænihylur & grjóthóll (except track 2)
drums on track 2 recorded at studio grjótnáman

all songs recorded at skot-lapop studios, reykjavik,
iceland except tracks 2, 3, 5 & 13
track 2 – all tracks (except drums) recorded at skot-lapop studios, los angeles
track 3 – all tracks (except drums and bass) recorded at skot-lapop studios, los angeles
track 5 – vibraphone recorded at mr. pétur grétarsson’s living room
track 13 – all tracks (except voiceover) recorded at skot-lapop studios, los angeles
 


 


アイスランドと聞くと北欧様式美ロックを思い起こさせるが、世界的なアーティスト、ビョークはれっきとしたアイスランド人である。
あまりに遠く離れたお国であるがゆえに一般常識的な情報もこちら側には届いてこないように感じる。それはまた、あちらの人たちが我ら日本人がいまだにチョンマゲを乗せていると思い込んでいるのと似ているかもしれない。

さて、アイスランドと聞いて氷の国を思うのは大きな間違いである。確かに寒い国ではあるけども緑が多く、とても豊かなのである。そんな国で結成され活動しているCYNIC GURUであるが、以外やそのポップセンスの良さには驚きを隠せない。リーダーでありソングライターであるローランドの力量もさることながら、力強いロックナンバーからブルース、バラード、さらにはビートルズを彷彿させる英国ポップ/ロックのセンスを感じさせる曲など充分にバラエティに富んでいて、しかも一本線がきちんと通っているのは流石である。こりゃぁ、期待のホープ間違いなし!である。
 

 <HMV> | RolandはESP Kisoヴァイオリンを使用しています。詳しくはこちら
 


WESTWOOD RECORDS  Music Label & Production  westwoodrecords.net