ENGLISH INFOMATION  ABOUT US LINK



< シルクロード 絲綢之路 >
 喜多郎 KITARO  NHK特集「シルクロード」オリジナル・サウンドトラック <HQCD>
 

 


 1.絲綢之路
 2.鐘楼
 3.天地創造神
 4.遥かなる大河
 5.長城
 6.飛天
 7.シルクロード幻想
 8.光と影
 9.西に向かって
10.時の流れ
11.菩薩
12.永遠の路

  発売元:ポニーキャニオン
  HQCD
  品番:PCCR-50020
  定価:\2,800(税込) 

演奏
使用楽器






プログラミング
録音
ミックスダウン
スタジオ

作曲
イラストレーション
プロデューサー
エグゼクティヴ・プロデューサー

喜多郎
KORG SYNTHESIZER
ROLAND SYNTHESIZER
YAMAHA SYNTHESIZER
MOOG SYNTHESIZER
PROPHET SYNTHESIZER
ACOUSTIC GUITAR
PERCUSSION
喜多郎
鎌倉アトリエ
喜多郎 / 大川正義
一口坂スタジオ
サウンド・デザイン・スタジオ
喜多郎
長岡秀星
TAKA NANRI
有海喜己夫

<壮大な絹の道のロマン。長安から敦煌まで、音で綴るシルクロードの旅>

 紀元前の昔から、東西文明の壮大な文化交流の舞台となった西域の道 -- それがシルクロード(絲綢之路)である。 そこには想像を絶する広大な流砂の海と、果てしなく続く褐色の道、険しくそびえ立つ山脈など、厳しい自然がある。

 喜多郎の音楽は、シルクロードの持つ無限の広がりと、壮大なロマンを人々の心に届けてくれた。テレビという物質の存在を忘れさせ、人々は自らもシルクロードの一員となっていった。
 NHKシルクロードプロジェクト・チーフプロデューサーの玉井勇夫氏は、喜多郎の音楽には

    優しさがある
    暖かさがある
    広がりがある
    ときめきがある
    東洋(オリエント)の味がある
    心を洗う力がある

と、語っている。

鐘楼 -- 唐の都・長安(現在の西安)のシンボルである。街の中心地にあって、長い歴史の変化を見守って来た鐘の響きにも似たサウンドのきらめきが心に迫ってくる。

長城 -- 万里の長城。長安から延延と二千キロも続くこの遺跡。この曲を聴いていると、時の流れを超え、空間を超えた次元にいる自分を感じる気すら起こってくる。

コンテンツを読み終えたら
試聴はこちらで↓
 

 「シルクロード/絲綢之路」の前に、正月番組「シルクロードを翔ぶ」(昭和五十五年一月七日放送)の音楽を依頼されたのですが、これはNHK側のテストでもあったのです。この時、17曲全部オリジナルで創りました。これでシルクロードのテーマがほとんど出来たのです。絲綢之路、鐘楼、西に向かって、永遠の道、シルクロード二部の神秘なる砂な舞、天山などがそうです。

 シルクロード一部だけでも180曲創っています。二部は数えていないほどで、使ってない曲がたくさんあります。大変な作業でした。毎日、毎日やっていました。単なる番組のためだけの音楽づくりの仕事では、ここまでやれるだけのシステムはまだ今の日本では無理でしょう。番組の音楽がレコードとして売れるということも他にはないことでした。こちら側にそれだけの設備、システムがあったからやってこれたのです。

 やはりテレビでの放送ですからそれまでの曲づくりに比べて、聴く立場を考える姿勢がありましたね。人が意識を深くのめり込ませて聴く時間って限度があります。普通2分半くらいのものでしょうか。だからいろんなテクニックを使ってみようかな、と思いました。

 曲を創るにあたっては、番組の音楽って何のためにあるのかと、NHKの人ともめたこともありました。NHKの人たちにとって音楽は番組の付属品でしかない。効果音であればいい。

 しかし僕にとってはシルクロードで深く考え込まされたんですよ。ミイラのひとつ、シワシワの老人のシワの歴史、これらは宇宙の流れの中での一瞬にすぎないけど、その人の歴史がある。僕は自分がすぐその身になってしまうんです。いろんな生き方があって、いろんな歴史がある。涙が出るほど素晴らしいと思うんですよ。

 僕はシルクロードをやり始めてから、やさしくというか丸くなりましたね。ある部分は丸くなり、ある部分は深く追求し自分を曲げない。シルクロードで自分の本当のポリシーが少しずつしっかりと確立してきました。

資料:「喜多郎」天界から飛雲までの集大成と喜多郎語録 より

CDご購入こちらから  配信ご購入こちらから

シルクロード

シルクロード2

オアシス

敦煌

イン・パースン

シルクロード組曲

シルクロード天竺

亜細亜

飛雲

西方

ヒーリング・フォレスト

ノアの箱舟

シルクロード巡礼T

シルクロード巡礼U

 シルクロード巡礼V


< 喜多郎 / KITARO シンセサイザー奏者>

'70年代にプログレッシヴ・ロック・バンドのファー・イースト・ファミリー・バンドに加わり、ヨーロッパで高い評価を受ける。サウンド・デザイン代表で音楽プロデューサー・南里氏と出会い、氏のプロデュースのもと、'80年にNHKドキュメンタリー特集「シルクロード」のテーマとサウンド・トラックを担当し一躍ポピュラーな存在となる。「シルクロード」はニューエイジ・ミュージックに金字塔を打ち立てた。サウンドデザインがアメリカ・ゲフィン・レコードと契約したことによって全米でアルバムを発表する。'88年にグラミー賞ニューエイジ部門にノミネートされる。以後7度のノミーネートを受け、2001年第43回グラミー賞ニューエイジ部門で最優秀賞を受賞した。長野とコロラド、人里離れた山の中で自然と暮らし、その心の音楽を宇宙的な規模へと今も広げ続けている。1953年 愛知県豊橋市生まれ。


WESTWOOD RECORDS  Music Label & Production  westwoodrecords.net